一戸建てのメリットを生かして理想の注文住宅を

一戸建てのメリットとは

一戸建て住宅にあこがれる人は多くいます。特に、一戸建て住宅に子供の頃から住んでおり、結婚してやむを得ずマンションやアパートに住んでいる人ほど一戸建て住宅に住みたいと思う傾向があります。では、一戸建て住宅のメリットはどのようなところがあるでしょうか。まず、隣の家と壁で区切られていないところです。壁で区切られている場合の問題点は騒音です。生活をする時にどうしても音が出てしまいます。忍者のように暮らしているのであれば、音を出すことはほとんどありませんが、実際には小さい子供がいれば子供が騒いだりしてうるさいですし、子供が18歳ぐらいになると、音楽を聞く音がうるさくて隣の家に響きます。
このように隣と接していないと言うだけでも大きなメリットになります。

注文住宅を建てる時に確認をする

注文住宅を建てる時には、音が隣に響きにくいというメリットがありますので、多少子供が騒いでもペットがないても大丈夫な傾向があります。ただし、窓が開いていると逆効果です。一戸建て住宅は静かだから窓を開けておいても大丈夫だろうと思ったら大間違いで、音は間違いなく窓の外に漏れて行きます。そこで、注文住宅を建てるときには、窓を開けなくても済むような住宅造りを心がけることが意外と重要なのです。
窓を開ける理由の一つは換気ではないでしょうか。換気をする場合は確かに窓を開けると効果がありますが、最近は窓を開けずとも家の中の空気の流れを一定にしておくこともできます。通気性のいい家がハウスメーカーや工務店で用意されていますので、参考にしてみるといいでしょう。