注文住宅、住宅業者の選び方が大切です!

住宅業者を決める前に決めておきたいこと

注文住宅の購入を検討する際、最初に悩むのが、分譲住宅にするか、自分で土地探しからやるかということではないでしょうか?
最初に住宅業者を選ぶ人も多いようですが、土地選びは建物を選ぶ以上に大変です。先に業者を決めてしまうと、分譲住宅という選択肢が完全に無くなる可能性もあります。

分譲住宅は間取りにしばりが出る半面、周辺道路の整備が整っていたり、駅チカなど好条件でも相場に比べて価格が安いというメリットがあります。価格重視の場合は、完全に選択肢から外してしまうのは得策ではありません。
分譲住宅を視野に入れておきたい場合は、分譲販売に実績があり、かつ、たくさんの分譲地を保有している住宅業者という条件で業者選びを行いましょう。

住宅業者を選ぶ際に忘れてはいけないこと

一戸建て住宅のメリットといえば、なんといっても、上下階や両隣の家に悩まされたり気遣いをすることなく、のびのびと暮らせることではないでしょうか。
最近では、マンションなどの集合住宅でも、広いガーデンテラスを保有していたり、間取りに自由度があるなど、一戸建て感覚をアピールしている物件が増えていますが、生活騒音の具合は住んでみないと分からないという大きなリスクがあります。

たとえ一戸建て住宅でも、あまりに価格重視で業者選びを行うと、遮音性が悪かったり、温度差が激しいなど、居住性の悪い家になる恐れがあるので、業者を選ぶ際は居住性を確認することも大切です。展示場だけでなく、完成見学会などにも足を運び、できるだけ多くの施工例を体感しましょう。
施主宅訪問を実施している業者は、自社の施工に自信を持っている様子がうかがえます。このようなサービスを実施している場合は、積極的に参加しましょう。

一戸建てを購入するならば、あらかじめ条件をきちんとまとめておいて、その条件に合致するところを購入しましょう。